どこまでも中華そば

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > イソフラボンと女性ホルモンの作用

イソフラボンと女性ホルモンの作用

「健康食品」とは、法によって制定されたりゆうではなく、健康維持や増進に効果のある食品として販売・使用されるもの全てを表し、とても広義に使われます。健康補助食品や栄養ドリンク、サプリメントも健康食品にあたります。

サプリはドラッグストアやコンビニエンスストアでも置いているので親近感があるかも知れません。

 

 

 

黒烏龍茶の特徴はご飯と共に飲むことで、脂肪の吸収を押さえて排出させるというはたらきがあり、脂肪が体につきにくくなるというお茶です。トクホ(特定保健用食品)として許可もされていて、最近お腹が出てきたような気がする、という方にお勧めのお茶です。

 

 

 

さっぱりとして香ばしい香りが特徴です。赤・青・紫などの色素成分であるアントシアニンはブドウやベリー系のフルーツに多くふくまれ、視覚機能に良い効果が期待されています。

大豆の胚芽に多くふくまれるイソフラボンは、女性ホルモンに一種であるエストロゲン(成長期にはこのホルモンの分泌によって、身長の伸びが止まるとされています)と同じ作用をもつことで知られています。

女性の更年期の症状を緩和したり骨粗鬆症の予防に役立つと言われていますので、女性にとってとても嬉しい成分です。

 

乳酸菌を配合するサプリメントはどのような乳酸菌の種類がふくまれているかチェックすると良いですよ。

 

 

 

それは、乳酸菌にはあまたの種類がありそのはたらきについても異なっている為です。

 

 

 

理想的な腸内フローラほど多種多様の腸内細菌が存在するということなので、さまざまな種類の乳酸菌を配合している場合は、効果が高いと言えるかも知れませんリンは骨や歯を強くしたり、体の中にエネルギーを蓄えたり、細胞膜に利用されたり、脳や神経の能力を補助する役目があるのです。

 

リンが少なくなると神経障害の病気になる可能性があるのです。

反対にインスタント食品に多くふくまれるリンは摂取過多になりやすく、過剰になると骨粗鬆症や腎臓病の原因になるでしょう。

乳酸菌は大腸において糖質を分解し乳酸をつくる性質をもつ細菌の総称です。食物が腐敗するのは悪玉菌によるもので、食物を発酵させるはたらきのある乳酸菌などを善玉菌と言われています。

200種類以上有ると言われる乳酸菌は、それぞれに形や特長が異なるでしょう。ヨーグルトや味噌などの発酵食品にふくまれていて、私たちの体のはたらきを助けてくれます。

 

 

20代~40代の多くに深刻な野菜不足があると言われていて、その為、体が必要とするビタミンやミネラルなどが不足して健康を損なって何らかの異常があると言った人も多くいます。

 

足りない栄養をサプリメントで補う人が多くなったのには、こうした背景が影響しているとと考えられます。

それらを改善するには、栄養のバランスを考えた食生活をすることが最も大切です。

 

健康茶で便秘に効果のあるお茶として、豊富な水溶性食物繊維を含むギムネマ茶やマテ茶が知られていて、豊富なビタミンC(成人の一日あたりの摂取推奨量は、100mgとされています)で便を軟らかくしたり、ビフィズス菌などの善玉菌のはたらきを助けるローズヒップティーがあるのです。

 

 

 

ご飯をする時にこのようなお茶を摂るようにすると便秘の症状の改善の役立つのではないでしょうか。高齢者の筋肉を維持するサプリ