どこまでも中華そば

人気記事ランキング

ホーム > 子育て > 赤ちゃんの便秘の原因を正確に知っておくこと

赤ちゃんの便秘の原因を正確に知っておくこと

赤ちゃんの便秘の原因は、ひとつではありません。

 

どんな原因で便秘が起きているのか正しく見極めて、それに応じた対策をすることが大切です。

 

中には病気から便秘が起きていることもあり、このような場合は早めに病院で治療することが必要です。

 

先天的な病気の場合は、生後間もない頃に症状が表れることが多いですから、比較的分かりやすいですが、腸重積など後天的で重い病気が隠れていることもありますから、注意が必要です。

 

病気による便秘は、発熱や嘔吐、血便など他の症状を伴うことが多いので、そこで見分けることができます。

 

一方、ほとんどの便秘は病気以外の原因で起きます。

 

ひとつは、水分の不足があげられます。

 

赤ちゃんは汗っかきで大人の何倍も水分が失われやすい傾向があります。ですから、それが排便も影響するということは起こりがちです。

 

水分が不足すると、腸内でも便が硬くなって出づらくなります。また、コロコロのうんちが出口をフタのようにふさいでしまうということもあります。

 

基本的には、水分は母乳で十分足りるはずですが、極端に水分が失われている様子があるときは、白湯やベビー用のお茶、月齢によっては果汁などを与えてみましょう。

 

また離乳食が始まっているなら、牛乳を飲みすぎてお腹がいっぱいになり、食物繊維の量が足りていないために便秘になることも多いようです。

 

食事の前に牛乳や飲み物を多く飲み過ぎないように、調整をする必要があります。

 

またメニューでも、食物繊維を多く含むものを上手に含める工夫が必要です。

 

運動不足も便秘の原因になることがあります。

 

足腰をよく動かせば、腸が刺激され、腸を発達させることにつながります。逆に足腰が鍛えられていないと、排便に必要な腹筋や腸の筋力も弱いため、しっかりと排便ができないということがあります。

 

もうひとつは、ストレスによる便秘です。

 

赤ちゃんも結構ストレスを感じることは多いようで、腸は精神面での影響を受けやすい器官ですから、ストレスによって腸の働きは悪くなります。

 

最後に、根本的な原因として腸内環境が十分に整っていないということがあげられます。

 

帝王切開で生まれた赤ちゃんやお母さんの腸内環境がもともと良くなかった赤ちゃんの場合は、腸内細菌の善玉菌が増えるのに不利だとも言われます。

 

また、お母さんの産後の無理なダイエットや食説活により、母乳の質が低下し、それが赤ちゃんの腸内環境に影響している場合もあります。

 

腸内環境が整っていないと、善玉菌が乳酸や酢酸などの酸を十分に生成しないために、腸の働きも悪くなるようです。赤ちゃんの便秘のときの砂糖水について