どこまでも中華そば

人気記事ランキング

ホーム > 子育て > 幼児の時は生活リズムをつくることにフォーカス

幼児の時は生活リズムをつくることにフォーカス

子どもがのどが渇いたという時には、ジュースやお茶類ではなく水を与えるほうが勝っています。余分な成分が含まれないことから、スーッとカラダに吸収されるのです。中でも起き掛けの1杯の水は、胃袋を目覚めせることにつながり胃腸は懸命に働き始めます。

 

空腹感が強まるとともに、冷水のクールな感覚でスッキリとした目覚めを感じることができます。

子供の発育を支える柱が食物です。食物の健康効果というのは、考えようによっては薬の効果をしのぎます。

子どもの普段よく食しているものが成長を左右する要因となることがあります。

 

 

周りの成人、中でも親としては、それを頭の置いたうえで子どもを育てなくてはなりません。

 

 

 

食物は体の免疫力アップにも強力な効果を発揮しますし、頭脳の成長にもとても大事です。便秘に悩む子供たちがますます増えています。

便秘がちな子供というのは、少しのことで疲れたり、物事に集中できないなどの不調がみられます。

 

 

排便がきちんとできていないことに気づいたら迅速な対応が求められます。子どもでも使える便秘薬は市販されていますが、それは苦しくてしょうがない時の非常手段ぐらいの気持ちでいて使いすぎないことです。本来の自分の力によるお通じを取り戻せるよう生活面や食事面で必要なことを備えてあげましょう。

幼児の時は生活リズムをきちんとつくりましょう。遅い時間に寝ると、起床時間も遅れてしまい、生活リズムは徐々に狂っていきます。

 

そうして自律神経の調節も乱れて、年齢を重ねていくに伴って、心や体の問題を抱えることがあります。

 

幼児の頃の理想の睡眠時間は、PM8時からAM6時までの10時間となります。

この生活パターンを幼児期に完成することを目指しましょう。

子供の脳の発達については幼稚園の年少ぐらいで大人の脳の85%程度にまで発達します。

 

以後は環境に応じて徐々に鍛えられていき、例えるなら筋肉を鍛えて大きくするみたいに、知能に刺激を与えることによって高いレベルのものに発展していきます。

 

 

栄養の点からはビタミンB1・カルシウムが脳がしっかり働くために重要な栄養です。

また魚や海藻に含まれるDHA/EPAは脳神経の流れを良好にする効力があるとされています。海藻は野菜にも負けないミネラルやビタミンなど健康にプラスとなる栄養をたっぷりと有しています。

 

 

さらに白血球の作用を高めて、様々な生活習慣病になりにくい体をつくる成分を含み、免疫を高めるのにうってつけの食べ物です。

水溶性の食物繊維を多く含むのが海藻です。おなかの善玉菌を活性化して、大腸の働きを活発にして、脳神経の健康にも役立つビタミンB群を活発に生み出すなどなくてはならない効果を発揮しています。

 

睡眠というのは悲しいことやつらいことを忘れさせたり、ストレスの緩和効果もあります。

 

まだ成長期の子の場合、付け加えて脳が発達する上で深い関係性を見出すことができます。

 

 

 

だからこそ、よく眠ることというのは、これから成長していく子どもの脳をしっかり作り上げる点でも大事なのです。

もし眠りについて重大な障害が起き続けるなら、脳があるべきところまで成長できないという状況もありえます。

 

 

小児に毎日のスッキリ習慣を習得させ、その健康に対する意味を理解させるカギは、子供とのコミュニケーションです。

 

 

 

朝の食事をちゃんと食べて、もよおしてきたら排便に行く、それを習慣として体に覚えこませましょう。

 

 

加えて、便通こそが日常の体調のレベルを知らせる警報であることを伝えていきましょう。

 

望ましいウンチの姿は、臭いという感じがなく、バナナ状のもので落ちた時は浮きますが、じわっと底に沈んでいくようなものです。子供用青汁が話題になっています