どこまでも中華そば

人気記事ランキング

ホーム > 子育て > 赤ちゃんの離乳食いつから始める?

赤ちゃんの離乳食いつから始める?

赤ちゃんの離乳食の時期は、昔は4か月ぐらいで始めていましたが、現在は5か月ぐらいからはじめるように育児の本などでは紹介されていることが多いです。

 

 

 

実際乳幼児を育てている母親にアンケートをとったところ、6か月が一番多いので、半年前後が目安となります。

 

しかし、離乳食を始める時期は、赤ちゃんの成長度合いによって決まりますので、必ずしもマニュアル通りの時期が正しいとはいえないです。

 

 

 

いつから離乳食を始めたらいいか悩む母親の相談も育児サイトなどでよく見かけます。

 

離乳食を始めるかどうかを見極めるのは、赤ちゃんの離乳反射による動きが少なくなってきたころが適しています。

 

 

 

スプーンを赤ちゃんの口に運んだときに舌で押し出そうとする動きがなければ、問題ないです。

 

もし、スプーンに抵抗を見せたらもう少し様子を見るほうがよいです。

 

 

 

生まれたばかりの新生児のころから、ほとんど母乳またはミルクだけで育ってきた赤ちゃんにとって、未知の食べ物が体内に入るというのはある意味で衝撃的なことでもあります。

 

無理に進めるのではなく、赤ちゃんの様子を見ながらゆっくりはじめていきましょう。

 

 

 

他の子が早く離乳食をスタートしたからといって、比較する必要はありません。

 

いずれはみんなちゃんと食べれるようになるのですから、その子のペースを大事にしてあげたいですね。

 

 

 

ところで、初期の離乳食に使う食材にも適しているものとそうでないものがあります。

 

生後5か月から6か月の赤ちゃんが食べられるのは、お米やそうめん、ジャガイモなどです。

 

 

 

さつまいもは甘味があるので赤ちゃんは好みますが、食物繊維が多いので量を注意してあげるといいです。

 

玄米は、食物繊維が多いので1歳ぐらいまではあげないほうがよいです。青汁は子供にどんな効果がある?