どこまでも中華そば

人気記事ランキング

ホーム > ダイエット > お酒を飲んでも痩せることができる?

お酒を飲んでも痩せることができる?

太らないビールを飲んでも本当に太らないのだろうか?

普通に考えると、アルコール自体にカロリーがありますし、ビールは食欲増大しますから、ぶくぶくと太っていきます。

ですが、お酒のアルコールのカロリーはエンプティーカロリーと言われていて、カラダに蓄積されず、アルコールが体内で分解される過程でアルコール1g当たり、7キロカロリーのエネルギーが発生しますので、体内の脂肪を分解せずに大丈夫になりますから、その分は残ります。

アルコールを大量に飲むと、クエン酸回路の働きも鈍るといわれますので、脂肪酸とグリセリンが合成され中性脂肪になります。

中性脂肪は内臓や皮下脂肪に蓄えられて、太っていくことになります。

アルコールも飲みすぎはダメということです、特にビールは炭酸ガスやホップ成分により、食欲増進効果がありますので、ビールを飲んで、暴飲暴食にはしったら太ります。

太らないビールが売れていますが、適量を飲み、血行を促進することで新陳代謝があがり、消費エネルギーが増え、痩せるということです。

糖質オフビールでも、表示上の問題で、実際には少~し糖質がありますので、大量に飲むと意味がありません。

太らないビールと一緒に食べるつまみが、ヘルシーなもので、アルコールもほどほどで、暴飲暴食はしない。

太らないビールというより、太らない食生活と考えた方が、ダイエットには良いです。

毎晩ビールを2リットル以上も飲んでいる人は、ビールを減らすだけで痩せていくという現実があります。

 

それが太らないビールも一緒ということです。

お酒をやめると瘦せる?結論は